転職ノウハウ

看護師を辞めて違う仕事で絶対に失敗しないコツ7選 元看護師が解説

看護師を辞めて別の仕事で働こうと思うんだけど、同じような人はいるのかな?

困っている人

本記事ではこんな悩みを解決します。

この記事でわかること

  • 看護師を辞めて別の仕事をするコツ
  • 看護師を辞めて別の仕事をするメリット・デメリット
  • 看護師資格を活かして働く方法

看護師を辞めて別の仕事をしたい。

僕も看護師をしていた時、同じように思いながら働いていました。

結果的に僕は看護師以外の副業で稼ぎ、看護師を辞めました。

看護師の仕事がつらいなら我慢しないで辞めても大丈夫失敗せずに幸せになっている人もたくさんいます。

看護師を辞めることで得られることがたくさんあります。

のんびり温泉大家

@onsenooya

  • 元看護師 リタイア生活中
  • 30代 男性 3人の子持ち
  • 看護師辞めて幸せ

この記事を読めば、看護師を辞めて別の仕事をするイメージがつきますよ。

では本文をどうぞ。

看護師がセミリタイアするってどういうこと?
看護師がセミリタイア する方法をリタイア生活中の元看護師徹底解説!

看護師を辞めたいと思うのは甘えなのか?
看護師を辞めたいのは「甘え」なのか?「甘え」という人の特徴と対処法

👇👇求人数・コンサルタントの質No.1👇👇

👆👆完全無料!失敗したくなければここ👆👆

看護師を辞めて違う仕事に就職する7つのコツ

看護師以外の仕事に転職する時のコツを見ていきます。

詳しく見ていきます。

失敗しない看護師の辞め方を知りたい方はこちら
看護師転職の流れを看護師の僕が6つのステップで徹底解説

看護師を辞めて違う仕事に転職するコツ1:目的を明確にする

転職する際には、自分が希望する条件を明確にすることが大切です。

  • 給料やボーナスなどの労働条件
  • 人間関係などの職場環境
  • 育児休暇・有給休暇などの福利厚生

看護師の転職同様、自分が譲れない条件がブレないようにしましょう。

ここがブレてしまうと、転職後の後悔につながることになります。

転職をする際には自己分析が大切って知っていましたか?
看護師の転職準備は自己分析が大事!方法や注意点を元看護師が解説

看護師を辞めて違う仕事に転職するコツ2:報収集をする

自分の希望が決まったら、転職する求人の情報収集をします。

  • 求人を探す方法
  • 転職サイトを利用する
  • 自力で探す
  • ハローワークで探す

求人を探す方法はたくさんあるので自分に合った方法で探しましょう。

誰かに相談しながら進められると心強いですよね。

求人探しの方法を詳しく知りたい方はこちら
看護師が転職活動で求人探しをする方法6選 元看護師が徹底解説

看護師を辞めて違う仕事に転職するコツ3:履歴書・職務経歴書で強みをアピール

履歴書や職務経歴書って毎回同じように書けば良いと思っていませんか?

実は転職において非常に重要な書類なんです。

なぜなら書類審査があるように、この書類だけであなたを採用するかどうかを決めてしまうんです。

そこをクリアしなければ面接にすら進むことができません。

看護師時代の経験を活かす方法を詳しく書くことが重要です。

もしも看護師として転職する場合は、看護師転職サイトを利用しましょう。

そうすれば履歴書や職務経歴書の書き方を詳しくアドバイスしてくれます。

看護師を辞めて違う仕事に転職するコツ4:看護師との類似点をアピールする

看護師から他の仕事へ転職する際は、看護師時代の経験やスキルをアピールすると良いでしょう。

例えば、患者や他職種連携で培ったコミュニケーションスキルなどです。

看護師時代の経験を、新たな職場ではどのように活かしたいか?

というところまで説明すると好印象につながります。

看護師時代のコミュニケーションスキルを活かしたいです!だけだと不十分よ。

上司

看護師を辞めて違う仕事に転職するコツ5:面接で自分がどう貢献できるかアピールする

面接が苦手だと感じている人も多いのではないでしょうか?

僕も人前で話すのはすごく苦手です。

コツ4と同様ですが面接でも重要なのは、あなたのスキルが新しい職場でどのように活かせるか?です。

自分はこんなことができますだけでなく、どのように活かせるか?を意識してアピールしましょう。

例えば、看護師時代の多重業務での時間配分や、他職種連携での協調性など培ったスキルはたくさんあると思います。

それを転職したい職場の仕事にどう活かせるかを考えていきましょう。

振り返ると看護師時代に得たスキルはすごく多いことに気づけるね。

面接で看護師を辞めた理由を聞かれたらこう答える
看護師転職面接で聞かれる退職理由 印象を良くするコツを元看護師が解説

看護師を辞めて違う仕事に転職するコツ6:看護師資格を活かして働くことも選択肢に入れる

看護師を辞めて、看護師以外の仕事に転職したい理由は人それぞれです。

その中で、看護師資格を活かした転職をする方が良い人もいます。

  • 看護師転職がおすすめの人
  • 転職理由が改善可能な理由の人
  • 特に看護師以外にやりたい仕事があるわけではない人
  • 看護師の仕事が好き、やりがいを感じている人

上記に当てはまる人は、無理に看護師以外の仕事に転職する必要はありません。

ちなみに改善可能な転職理由とは、夜勤が辛い休みが取れない忙しすぎるなどの理由です。

夜勤がない職場や、希望の休みが取得できる職場に転職することで、退職したい理由を改善することができるからです。

本当に看護師以外のこの仕事がしたい!とう希望がないなら看護師を続けたほうがよいでしょう。

看護師を辞めて違う仕事に転職するコツ7:看護師転職サイトに登録する

もしも転職理由を考えたときに、看護師以外にやりたいことがないのなら看護師を続けることをオススメします。

看護師を続ける際には、自力で転職先を探すのではなく看護師転職サイトを利用しましょう。

そのほうがとにかく楽です。

看護師を辞めようと思った理由を伝えれば、それを改善できる職場を探してくれます。

面倒な書類作成面接の日程調整面接練習も一緒に行ってくれます。

希望の転職先を決めたら面倒なことは全て転職サイトに任せて、自分はのんびりしましょう。

退職後はすぐに働かずに、失業手当をもらいながらじっくり考えるのも良いでしょう。

僕のおすすめの看護師転職サイトを紹介します。

絶対に転職失敗したく無い人が利用するべき転職サイト

サイト名対応エリア求人数アドバイザーの質口コミ・評判
看護のお仕事口コミ 評判
ナースではたらこ口コミ 評判
ナースJJ 口コミ 評判
 看護プロ口コミ 評判
ジョブメドレー口コミ 評判
ナースジョブ口コミ・評判

とりあえずこう時給の派遣をしながらじっくり転職先を探したい方はこちら
セミリタイアする看護師が利用するべき看護師派遣サイト3選

【のんびり働ける仕事をする】看護師資格を活かして違う仕事をする

看護師を辞めたいなと思った理由が、今の仕事が忙しすぎる場合は「のんびりした職場」を探すのがおすすめです。

看護師は働く場所がたくさんあるので、のんびり働ける職場もたくさんあります。

看護師は働く場所が多いので、たくさんの選択肢を持って働けるのが良いですね。

のんびり働ける職場で働きたい方はこちらの記事がおすすめ
のんびりゆるく働きたい看護師におすすめな職場&診療科18選

👇👇求人数・コンサルタントの質No.1👇👇

👆👆完全無料!失敗したくなければここ👆👆

【珍しい仕事をする】看護師資格を活かして違う仕事をする

看護師の仕事を辞めたい理由が、やりがいを感じない、今の職場に慣れてしまったという方におすすめなのが珍しい仕事です。

看護師の仕事ってこんなにたくさん働く場所があるの?と驚く方もいると思います。

看護師の珍しい仕事には、派遣の仕事や単発の仕事があります。

常勤の仕事とは違い、職場とは少し距離感を持って働けるので面倒な人間関係に悩む可能性が少ないです。

シップナースなんて働きながら船の旅行も楽しめて個人的にはおすすめだなと思います。

看護師免許を活かして珍しい職場で働きたい方はこちら
看護師の珍しい仕事20選 少ない求人を見つけ方も紹介するよ

👇👇求人数・コンサルタントの質No.1👇👇

👆👆完全無料!失敗したくなければここ👆👆

実際に看護師を辞めて別の仕事をしている人の口コミ

実際、看護師を辞めて別の仕事をしている人っているのかな?

困っている人

まずは看護師を辞めた人の口コミから見てみましょう。

看護師を辞めて違う仕事をしたい看護師がたくさんいますね。

揺らいでいるわ!友人の話を聞いて揺らいでいるわ!

上司
困っている人

実際に行動に移している人もいるね。このあとどうなったのか気になるな。

看護師を辞めて違う仕事に転職して幸せに生活している人もたくさんいますね。

看護師以外の仕事をするはずだったのに結局看護師をしているという口コミも多かったですね。

このようにツイッター上には、看護師を辞めたい!違う仕事をしたい!と考えている人がたくさんいます。

また友人が看護師を辞めて楽しそうに働いている!などの情報もあり、関心の高さが伺えます。

逆に看護師を辞めて違う仕事をするはずだったのに、結局看護師をしているという口コミも多数ありました。

次は僕自身の体験談を解説します。

【体験談】看護師を辞めてのんびり温泉大家は?

実際の体験談も聞きたい人もいると思うので、僕の実体験を紹介します。

僕もいつも、早く仕事を辞めたいなと思いながら仕事をしていました。

看護師のストレス

  • 希望休も有給も取れない
  • 終わりのない仕事
  • 夜勤が体力的に大変
  • サービス残業が多い
  • 長期休みがない
  • 意地悪な看護師が多い
  • 無能な上司が多い
  • 給料が安い・上がらない

とにかくさまざまな理由から看護師の仕事は早く辞めようと、看護師3年目くらいから考えていました。

しかし実際に辞めたのは、看護師を辞めると決めてから10年後でした。

のんびり温泉大家が看護師を辞めた方法

僕が看護師を辞めた方法をお伝えしますね。

僕は主に不動産投資自動売買の収入で、看護師を辞めました。

不動産投資を行うために金融機関からは、多額の借入を行なっています。

多額の借金をするのは怖いよ。他の方法が良いな。

困っている人

不動産投資は借入金額が大きいので、抵抗がある方もいると思います。

まずは副業で毎月10万円稼げるようになりましょう。

そうすれば働き方の選択肢も増えるし、精神的な余裕もできますよ。

ちなみに僕は、派遣看護師+副業収入という働き方をおすすめしています。

毎月10万円稼ぐ方法を知りたい方はこちら
【看護師におすすめの副業】実際に僕がリタイアした副業を教えるよ

おすすめの看護師派遣会社を知りたい方はこちら
セミリタイアする看護師が利用するべき看護師派遣サイト3選

看護師を辞めて他の仕事がしたい!よくあるQ&A

看護師を辞めて他の仕事がしたい方の、よくある質問をまとめました。

詳しく見ていきます。

看護師を辞めた理由1位は?

厚労省の看護職員就業状況実態調査では、看護師を辞めた理由の1位から5位はこの通りです。

  • 1位 出産・育児
  • 2位 その他
  • 3位 結婚のため
  • 4位 他施設への興味
  • 5位 人間関係が良くないから

このようになっています。

人間関係が1位かと思っていたんだけど、まあ正直に回答しているのか?
その他が2位になっているというのが気になるポイントかなと。

ちなみに「他分野への興味」は4.1%でした。

比較的、看護師以外の職業に興味がある人は少ないですね。

転職活動で看護師を辞めた理由を聞かれたらどうしようか心配な人はこちら
看護師転職面接で聞かれる退職理由12選 印象を良くするコツを元看護師が解説

看護師を辞めることに不安はなかった?その不安は解消された?

看護師を辞めて他の仕事を始めることへの1番の不安は、新しい仕事がうまく行くか?ということだと思います。

  • 他の仕事に転職したけど、辞めたくなったらどうしよう。
  • もし仕事が続かなかったら給料がなくなっちゃう
  • 新しい職場の人間関係は良い職場なのかな?

看護師を辞めるまでは色々な不安が出てくると思いますが、そこまで心配しなくて大丈夫。

なぜなら看護師免許があるからです。

もしも新しい職場でうまくいかなくても、看護師免許があるのですぐに働くことができるんです。

看護師を辞めて、もしかしたら看護師は恵まれていたと思うかもしれません。

看護師でしか働けないと思うのではなく、何かあっても看護師として働ける!というように看護師免許を利用するくらいの気持ちで考えると楽ですよ。

今の仕事を我慢して続けて体を壊すよりも、スパッと辞めてストレスなく働く方が僕は良いと思います。

また僕の場合は退職の方法が、別の仕事に転職ではなく副業収入を作って退職することでした。

そのため収入の心配をしないで、看護師を辞められたことも悩まなかった理由の一つです。

看護師を辞めてよかった?

僕は看護師を辞めて良かったと思っています。

なぜなら看護師をしているストレスがなくなり毎日ストレスなく楽しく過ごせているからです。

看護師をしていたときは、夜勤もあり余裕がないとイライラすることもありました。

希望休も取れず、子供と十分に遊ぶこともできませんでした。

しかし今は、看護師のストレスが無くなりイライラすることが減りました。

また毎日家にいるので、いつでも子供と遊ぶことができるようになりました。

こんな楽しい生活が送れるようになり、僕は看護師を辞めて正解だったなと思います。

看護師を辞めて後悔しないの?と気になる方はこちらの記事をどうぞ
看護師を辞めて後悔する理由10選 実際に看護師を辞めた僕が徹底解説

看護師を辞めて看護師以外の違う仕事をする

看護師を辞めて看護師とは全く違う仕事をするという選択肢もあります。

看護師を辞めたら、どんな仕事についてみたいですか?

どんな仕事をしたいか?

  • 自分のやりたい仕事
  • 自分が興味のある仕事
  • 看護師では味わえない経験ができる仕事
  • 看護師では味わえないやりがいを感じることができる仕事
  • 看護師ではもらえない給料をもらえる仕事

看護師以外の仕事に転職することで、今の職場でのストレスからは解放されることができます。

看護師以外の仕事に転職する人は、上に挙げたように「前向きな理由」を持っている人が多いです。

前向きな転職なので、転職後もやりがいを持って楽しく働くことに繋がりますね。

看護師を辞めてセミリタイアという働き方もありますよ
看護師がセミリタイア する方法をリタイア生活中の元看護師徹底解説!

看護師を辞めて違う仕事に転職する5つのメリット

看護師を辞めて他の仕事に転職することでわかるメリットもあります。

5つのメリット

  • 規則正しい生活が送れる
  • 責任の重さから解放される
  • 休みも取りやすくプライベートが充実した
  • 看護師として働くことの良さもわかる
  • 看護業界の異常さに気づくことができる

詳しく見ていきます。

看護師を辞めて幸せになる方法を解説
看護師を辞めたら幸せなの?幸せになれる人・後悔する人の特徴3選

看護師が他職種に転職するメリット1:規則正しい生活が送れる

看護師を辞めると当たり前ですが、不規則勤務から解放されます。

  • 夜勤がない
  • 前残業がない
  • サービス残業がない
  • 早出・遅出がない

看護師を辞めると、朝起きて夜に寝るという当たり前の生活を送ることができるようになります。

規則正しい生活をお送るようになると、本当に体調が良くなります。

正直もう夜勤がある生活は考えられないです。

看護師が他職種に転職するメリット2:責任の重さから解放される

看護師は非常に責任の重い仕事です。

人の命を預かる仕事なので、緊張感が高く常に集中していなければなりません。

緊張感のある仕事なのでストレスも大きいです。

責任の重さがストレスで、看護師を辞める人も少なくありません。

どの仕事に転職しても、責任感を持って仕事をしなければいけないのは変わりないのですが。

人の命を預かっているという、過度なストレスからは解放されます。

過度なストレスがなくなると、プライベートでものびのび過ごすことができますよ。

看護師が他職種に転職するメリット3:休みも取りやすくプライベートが充実した

看護師を辞めると、普段の休みや長期休みが取りやすくなります。

看護師の仕事はシフト制のことが多く、夜勤もあり不規則勤務です。

そのため急な休みが取りにくく、希望休や有給が取れない職場が多いです。

またお正月やお盆などのまとまった休みもありません。

看護師を辞めると、お正月などの長期休みも当たり前のようにゆっくりすることができます。

カレンダー通りの土日休みになると、友人などとの予定も立てやすいですね。

しっかり休むことができるようになると、プライベートも充実して毎日楽しく過ごすことができるね。

看護師が他職種に転職するメリット4:看護師として働くことの良さもわかる

看護師を辞めることでわかる、看護師の良さもあります。

  • 看護師バイトは時給が高い
  • 24時間いつでも働けるので働く時間の自由度が高い
  • 看護師免許があればいつでもどこでも働ける
  • セミリタイアとの相性が抜群

看護師は大変な仕事ですが、逆に看護師の良さを発見することもできます。

看護師の良いところに気づいたら、また看護師として働けば良いんです。

看護師が他職種に転職するメリット5:看護業界の異常さに気づくことができる

看護師を辞めて看護師の良さに気づくこともできますが、看護業界の異常さにも改めて気づいてしまうこともあります。

看護業界の異常さ

  • 前残業
  • サービス残業
  • 勝手に消化される有給
  • 希望できない休み
  • 休日出勤

あげ出せばキリがない異常な業界が、看護業界。

結局、やっぱり看護業界って異常だよねということに改めて気づくんですね。

看護師を辞めて違う仕事に転職するデメリット4選

次は看護師を辞めて違う仕事に転職するデメリットを確認していきます。

  • 看護師を辞めて違う仕事に転職するデメリット1.  給与が下がった
  • 看護師が他職種に転職するデメリット2.  仕事にやりがいが感じられない
  • 看護師を辞めて違う仕事に転職するデメリット3 スキルや知識の低下への不安
  • 看護師を辞めて違う仕事に転職するデメリット4.  仕事内容が想像と違った

詳しく見ていきます。

看護師を辞めて違う仕事に転職するデメリット1:給与が下がった

看護師を辞めて他の仕事に転職すると、給料が下がることも多いです。

なぜなら新しい仕事では、また新人からのスタートになるからです。

また看護師以外のバイトをする場合も、時給は看護師よりも低いことが多いです。

看護師の平均年収は492万円です。
※厚生労働省:令和2年賃金労働基本統計調査より

もちろんサービス残業や夜勤などの、劣悪環境があっての給料になります。

僕は給料は減っても、毎日笑顔で楽しく生活する方が良いと思います。

でも実際は、夜勤がないと看護師の給料ってすごく安いですよね。

看護師を辞めて違う仕事に転職するデメリット2:仕事にやりがいが感じられない

看護師を辞めて他の仕事に転職すると、仕事にやりがいを感じられなくなることがあります。

看護師の仕事は、責任感がありプレッシャーのある仕事です。

その分仕事に対してのやりがいが大きいと言われています。

他の仕事でもやりがいはあるはずなんですが、何か物足りなくなってしまうようです。

僕は個人的に自分がやりたい仕事なら、どんな仕事でもやりがいは感じられると思っています。

そもそも責任が重い仕事だから、やりがいが大きいというのもよくわからないですよね。

看護師を辞めて違う仕事に転職するデメリット3:スキルや知識の低下への不安

看護師業界はどんどん新しい知識が必要になります。

また技術に関しても、毎日行なっていないと当然鈍ってしまいます。

看護師の仕事を辞めて数年後に看護業界に戻ると、変化していることが多いはずです。

点滴留置や採血、処置の介助なども看護師をしていると毎日当たり前に行いますが、看護師じゃないと行うことはありません。

しかしこのデメリットをそこまで心配しなくて大丈夫ですよ。

なぜなら仕事復帰すればすぐに慣れます。

僕も長期育休明けなどは1日~2日は慣れるまでにかかりましたね。

看護師を辞めて違う仕事に転職するデメリット4:仕事内容が想像と違った

看護師以外の仕事に転職したけど、思っていた仕事内容と違う!ということもたくさんあります。

  • もっと楽だと思っていたのに、全然楽じゃなかった。
  • やりたい仕事だったけど、給料が安い
  • 労働条件が効いていた話っ違った

このように、こんなはずじゃなかった!ということもあるので注意が必要です。

看護師も外から見ると天使と言われていますからね。実際は。。。

何よ!?天使でしょうよ!違うの?ぶっ飛ばすわよ?

上司

看護師を辞めて後悔する理由を知っていますか?
看護師を辞めて後悔する理由10選 実際に看護師を辞めた僕が徹底解説

看護師を辞めて違う仕事へ転職する まとめ

まとめます。

転職する際のコツ

  • 転職目的を明確にする
  • 転職目的が明確になったら情報収集をするべし
  • 履歴書・職務経歴書で自分の強みをアピール
  • 看護師との類似点をアピールする
  • 面接で自分がどう貢献できるかアピール
  • 看護師資格を活かして「働き方・働く場所」を変える選択肢も持つ
  • 複数の転職サイトに登録する

看護師を辞めて違う仕事に転職して成功することは、必ずできます。

そのためには自分が何をしたいのか?を明確にすることが大切です。

もしも他の仕事ではなく、看護師を続けながらセミリタイアしたい看護師さんはこちら
【看護師体験談】有給を消化して退職する具体的方法〜有給拒否は違法〜

以上です。

看護師が辞めたくなりやすい時期って知っていますか?
新人看護師が辞めたい時期は?対処法&辞めたい10の理由も解説

-転職ノウハウ