転職ノウハウ

看護師転職面接で聞かれる退職理由12選 印象を良くするコツを元看護師が解説

転職の際の面接で退職理由って必ず聞かれると思うけど、どう答えれば良いのかな?

悩む看護師

この記事ではこんな悩みを解決します。

この記事でわかること

  • 面接でNGな退職理由
  • 面接で使える退職理由の例文
  • 面接時の退職理由の注意点

まず初めに結論から書くと、面接時の転職理由はNGな退職理由を避けてポジティブな理由で説明することが大切です。

この記事を読めば、転職活動の面接で退職理由を聞かれてもバッチリ答えられるようになりますよ。

知らずにNGな退職理由を答えてしまうような失敗は、絶対にしないでくださいね。

では本文をどうぞ。

看護師を辞めても幸せに過ごす方法を知りたい方はこちら
看護師を辞めたら幸せになれる?幸せになれる人・後悔する人の特徴3選

👇👇求人数・コンサルタントの質No.1👇👇

👆👆完全無料!失敗したくなければここ👆👆

看護師退職理由って?

看護師の転職理由と聞いて、ネガティブなイメージが真っ先に浮かぶのは僕だけでしょうか?

退職理由には様々ありますが、主にこの3つが多いのではと思います。

本当の理由

  • 人間関係への不満
  • 給料への不満
  • 職場環境への不満

でも転職の面接でこの退職理由をそのまま伝えるのはNGですよ!

建前上の理由

  • 引っ越し
  • 結婚
  • 出産
  • スキルアップ

無難な退職理由としてあげられるものはこのような理由が多いですね。

では早速次からは面接での退職理由の具体例を詳しく見ていきます。

自己分析をしていれば面接が全く怖くなくなりますよ
看護師の転職準備は自己分析が大事!方法や注意点を元看護師が解説

看護師面接での退職理由12選

よくある退職理由をあげました。
あなたの対象理由もきっと見つかるはず!

転職時の退職理由

  1. 人間関係への不満
  2. 給料への不満
  3. 職場環境への不満
  4. スキルアップのため
  5. 結婚
  6. し出産・育児
  7. 引っ越し
  8. 体調不良
  9. 家族の介護
  10. 医療事故への不安
  11. 夜勤の負担
  12. 通勤時間

詳しく見ていきます。

サクッと転職の流れを確認したい方はこちら
看護師転職の流れを看護師の僕が6つのステップで徹底解説

転職時の退職理由1:人間関係への不満

面接官が確認したいポイント

  • 人間関係の良くなかった理由は前の職場が原因なのか?
  • 関係改善のために行動は起こしたのか?
  • 今回の職場でも同じ理由で退職にならないか?

人間関係で退職する人は非常に多いと思いますが、転職時の面接で正直に答えるのはおすすめしません。

何故なら人間関係に問題が生じたのは、自分が原因なのでは?と疑われてしまうからです。

人間関係を退職理由として伝える場合は、「関係改善のために取り組んだこと」を伝えることです。

また「その経験を新たな職場ではどのようにチーム医療に活かしていくのか?」まで考えておくと良いでしょう。

具体例

以前の職場は人手不足ということもあり、看護師間や他職種とのコミュニケーションが十分ではいなと感じておりました。看護師だけでなく他職種を交えたチーム医療についてもっと学びたいと思い転職を決意しました。

看護師間でのコミュニケーションだけでなく他職種とのチーム医療に力を入れている御社で多くのことを学ばせていただきたいと思っております。

チーム医療を学びたい、周りと協力しながら働きたい!と前向きに伝えることが大切ですね。

転職時の退職理由2:給料への不満

面接官の確認したいポイント

  • 給料のどの部分への不満なのか?
  • 超過勤務が払われれば改善できるのか?
  • 給料に見合う人材なのか?

単純に給料が安くて退職しましたという伝え方は、印象が悪いのでNGです。

入職後に給与面でのトラブルや不満で、また退職してしまうのでは?と懸念されてしまいます。

また給料ばかり重視して、看護への思いや自分の看護観は無いのでは?とマイナス印象で見られてしまう可能性があります。

看護師の経験や資格、スキルを正当に評価してほしいなど、前向きに伝えることが大切です。

具体例

私は看護師の知識を活かすために認定看護師の資格を取得するなど、自己研鑽に励んできました。しかし以前の職場ではそれらの資格や活動に対しての評価や手当が何も無い状況でした。

そのため自分の資格をモチベーション高く活かしていくためにも、看護師資格や実績を評価していただけるこちらの病院への転職したいと考え応募しました。

面接時に給料の話ばかりするのはマイナス印象。内定後の給料交渉で行いましょう。

転職時の退職理由3:職場環境への不満

面接官の確認したいポイント

  • 職場環境のどの部分への不満なのか?
  • 職場環境への不満に対して自分の考え
  • 職場環境の不満に対して行った対処法

職場環境の不満と言っても様々な理由があります。

残業が多い、サービス残業が多い、希望の休みが取得できないなど何についての不満なのかを伝えましょう。

例えば残業が多いことが不満の場合、何故残業が多いのか?残業を減らすために何か工夫したことはあったのか?まで伝えることが大切です。

ただ残業が多いと不満だけ伝えると、仕事への意欲がなく協力意識もない人と評価されてしまいます。

具体例

以前の職場は慢性的な人員不足もあり、普段からスタッフが少なく残業の多い職場でした。

そのため体調不良や身内の不幸などでも休みを取ることができませんでした。

スタッフで協力し残業を減らす工夫はしておりましたが、人員不足という根本的な原因の解決の目処が立たないため、職場環境の整ったこちらの病院に転職したいと考え応募しました。

サービス残業がない職場で働きたかったです。

転職時の退職理由4:スキルアップのため

面接官の確認したいポイント

  • この病院で学びたいスキル
  • 今までのスキルをどのように活かしていきたいか?

スキルアップのための転職というと聞こえが良いですよね?

そのため面接官も、なんとなく聞こえが良いからこの理由なのでは?と考えやすいです。

そうならないためにも、具体的に転職先で何を学びたいのか?

その学びを活かしてどのように働きたいのか?を考えておくと良いでしょう。

具体例

以前より精神科看護を学びたいと考えておりましたが、一般病棟の看護技術も習得したかったため以前の職場に就職しました。

一般病棟での経験も重ね自信もついてきたため、元々の希望であった精神科で働きたいと思い転職することに決めました。

スキルアップが理由の場合、「うちの病院じゃなきゃダメなの?」は必ず聞かれるので答えられるようにしておきましょう。

転職時の退職理由5:結婚

面接官が確認したいポイント

  • 結婚を機に職場を変える理由はあったのか?
  • 出産の予定・計画はあるのか?
  • 出産した場合家族の協力は得られるのか?

結婚が理由での転職の場合、転職しなければいけない理由はあるのか?はよく聞かれるポイントです。

結婚を機に同棲を始めるため、通勤が困難になったなど、転職が必要だった理由を答えられるようにしておきましょう。

また今後の出産計画についても確認されることが多いです。

就職してすぐに産休に入ってしまう場合、病院側も配属先などを考える必要があるからです。

出産計画も考えていることや、出産や出産後も家族の協力が得られることを伝えると病院側の安心材料になります。

具体例

結婚後も以前の職場で働きたいと考えていたのですが、結婚して夫の職場の近くに住むことになり通勤が困難なため退職しました。

引っ越し後は夫の両親も近くに住んでいるため、様々な面でサポートも受けやすい環境です。

聞かれなければ出産計画については自分から話さなくても良いですよ。

転職時の退職理由6:出産・育児

面接官が確認したいポイント

  • 育児休暇明けで前の職場の復帰はできなかったのか?
  • 夜勤はできるのか?
  • 家族は育児に協力的か?

出産・育児が転職理由の場合、なぜ前の職場に復帰せずに転職を選んだのか?を明確にしておく必要があります。

また子供が体調を崩した際にどうするか?など、病院が心配するリスクへの対応まで考えていると好印象です。

具体例

初めての出産だった為、育児と仕事の両立ができるか不安で以前の職場は一度退職しました。子育ても落ち着いてきたので、もう一度働きたいと思い応募しました。

夜勤は夫の休日に合わせて週に1回程度は入ることが可能です。

両親や家族の理解も得ているので、急な体調不良の際にはサポートを得ることも可能です。

病院側の、子育てと仕事の両立ができるのか?という不安を解消するように説明するのがコツですね。

転職時の退職理由7:引っ越し

面接官が確認したいポイント

  • 今後の引っ越しの予定

引っ越しが転職理由場合、病院側が心配するのは家族の転勤が原因などまたすぐに引っ越しの予定がないか?ということです。

転勤族の場合はその旨を初めから伝えておくことが重要です。

引っ越しはマイホーム購入などポジティブな理由にとらえられやすいですね。

転職時の退職理由8:体調不良

面接官が確認したいポイント

  • 以前の退職理由は改善しているのか?
  • 現在も治療中、通院中なのか?
  • 体調不良の原因はわかっているのか?

以前の職場を体調不良が原因で退職している場合、原因と現在の治療状況が重要です。

病院側としては、またすぐに体調不良で退職してしまうのでは?というところを懸念しているためです。

そのため現在の状況を、嘘をつかずに正確に伝えるようにしましょう。

正しい情報を伝えることで、配属先や職場環境で協力してもらえる可能性があります。

具体例

以前の職場では移乗介助が多く、腰痛が悪化し退職しました。

現在は腰痛も改善し、通院も不要との診断もいただいており業務に支障がなく働けることが確認できたため、応募しました。

看護師の仕事は体力的にも精神的にも削られる仕事なんですよね。

転職時の退職理由9:家族の介護

面接官が確認したいポイント

  • 介護が必要だった状況はどうなったのか?
  • 現在も介護が必要な状況なのか?

家族の介護が理由で退職理由を話す場合、病院側は現在の介護の状況はどうなの?ということを1番気にしています。

病院側には現在の状況を、正確に伝えるようにします。

状況に応じて、時短勤務や夜勤などについても忘れずに交渉しましょう。

具体例

前職では家族の介護が急に必要になり、勤務の調整が難しく退職しました。

現在は様々なサービスや、他の家族の協力もあり介護の環境を整えることができました。

介護状況も落ち着いたので、再度働くことを決めました。

夜勤ができない場合など勤務内容の相談が必要な場合は、面接時に伝えましょう。

転職時の退職理由10:医療事故への不安

面接官が確認したポイント

  • 事故を起こさないために工夫していること
  • どんな点が不安なのか?

看護師をしている以上、医療事故への不安は必ずあり仕方ないことです。

それは経験を重ねれば重ねるほど大きくなります。

しかし看護師の仕事が責任が重く負担という理由だけが退職理由の場合、マイナス印象になってしまいます。

医療事故を起こさないために職場環境の改善に取り組んだ、自分なりにこんな点を工夫していた。などまで説明できると良いでしょう。

具体例

以前の職場は人員不足で看護技術に不安がある際にもなかなか相談しにくい環境でした。

そのため医療事故への不安から退職しました。

こちらの病院は教育プログラムもしっかりしているため、正確な知識を身に付け看護師として安心して働きたいと考え応募しました。

相談しやすい環境って大事ですよね。

転職時の退職理由11:夜勤の負担

面接官が確認したいポイント

  • 体調面で問題があっての退職ではないのか?
  • どの程度の夜勤体制で負担を感じていたのか?

看護師の仕事は24時間無休なので、夜勤がありきの仕事です。

そのため夜勤を負担と感じたのが夜勤回数が多かったのか?人員不足だったのか?など夜勤で退職した正当な理由を説明しましょう。

単純に夜勤が大変だったから退職した。だけでは責任感がない印象がつきマイナスイメージになってしまいます。

具体例

以前の職場は夜勤が2人体制で休憩もほとんど取れない職場でした。そのためこのまま仕事を続けることは体力的にも難しいと思い退職しました。

こちらの病院は夜勤も3人夜勤で休憩もしっかりと取れると伺っているため、夜勤があっても体調の不安なく働けると思い応募しました。

日勤のみの勤務を希望する場合は、日勤業務に魅力を感じている点を伝えるようにしましょう。

転職時の退職理由12:通勤が時間

面接官が確認したいポイント

  • 通勤時間がかかるリサーチはしていなかったのか?
  • 何か理由があって通勤に時間がかかるようになったのか?

通勤時間が負担での退職理由の場合、就職する際にリサーチしたのか?就職後のイメージがついていなかったのでは?と思われがちです。

寮に入る予定が急に入れなくなった、引っ越しなどのやむ負えない理由があるなど、面接官が納得できる理由をしっかりと伝えましょう。

通勤が困難で退職した人という印象のままだと、また今回も同じような理由で退職するかもと懸念を抱かれてしまうかもしれません。

具体例

以前の職場は、寮に住んでいたのですが新たな職員が優先のため退寮になってしまいました。そのため通勤時間が想定していたよりもかかるようになり、その負担で退職しました。

こちらの病院は自宅からも近く、今後引っ越しをする予定も特にないため通勤が負担になることはないと考え応募しました。

確かに通勤時間が長いとそれだけで疲れちゃいますよね。

👇👇求人数・コンサルタントの質No.1👇👇

👆👆完全無料!失敗したくなければここ👆👆

面接時に伝える際の注意点

退職理由を聞かれてやってはいけないことってあるの?

面接時の注意点

  1. 嘘をつかない
  2. 給料などの待遇面の不満はNG
  3. 人間関係の不満はNG

詳しくみていきます。

看護師面接の注意点1:嘘をつかない

まず大事なのは嘘の退職理由を話さないということです。

面接官は多くの面接を経験しています。

その場しのぎでの嘘は、見透かされてしまいます。

もしも嘘をついていると思われた場合、印象が悪くなることは確実ですね。

学生指導などをしていて、嘘をついているのはすぐにわかりますよね?

看護師面接の注意点2:給料などの待遇面の不満はNG

給料が安かった!休みが取れなかった!など以前の職場への不満はたくさんあると思います。

しかしあまり以前の職場の不満ばかりを話すのはやめましょう。

愚痴を話して自分はスッキリするかもしれませんが、病院側のイメージは悪くなる可能性が高いです。

就職してもすぐにストレスで辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。

不満があったとしてもぐっと我慢し面接に臨みましょう。

看護師面接の注意点3:関係の不満はNG

待遇面への不満と同様ですが、人間関係の不満もあまり話さない方が良いです。

なぜなら原因があなたにあるかもしれないと、思われてしまう可能性があるからです。

本当に人間関係の悪い職場だったとしても、面接官には確認することはできません。

むしろ、職場内でうまくコミュニケーションが取れない協調性のない人だと思われてしまう可能性があります。

不満はたくさんあったとしても、我慢が大切ですね。

看護師面接の注意点4:理由はうまくポジティブな理由に言い換える

面接での注意点では、以前の職場への不満はぐっと我慢することが重要と書きました。

うまく退職理由を伝えるコツは、ポジティブな転職理由に言い換えて伝えることです。

具体例

人員不足で残業が多く休みが少ない場合
→患者さんとじっくりと向き合って個別性ある看護を提供したいという思いと、実際の職場環境の違いに悩み、自分の理想の看護が行える職場で働くために退職しました。

愚痴ばかりよりも、前向きな人を応援したくなる気持ちは確かにわかる。

👇👇求人数・コンサルタントの質No.1👇👇

👆👆完全無料!失敗したくなければここ👆👆

看護師の面接対策には転職サイトがおすすめ

面接で退職理由を聞かれた時の答え方はわかりましたか?

だいぶ理解できたけど自分に合わせたアドバイスも欲しいな。

悩む看護師

退職理由は人それぞれですし、細かい職場背景もそれぞれみんな違います。

そのためその人に合った具体的なアドバイスが欲しい場合は、看護師転職サイトの利用がおすすめです。

面接のアドバイスだけでなく、退職について、履歴書作成、求人探しまで面倒なことは全て自分の代わりに行ってくれます。

ここでは僕のおすすめの看護師転職サイトを紹介します。

最短でセミリタイアするために利用するべき転職サイト

サイト名対応エリア求人数アドバイザーの質口コミ・評判
看護のお仕事口コミ 評判
ナースではたらこ口コミ 評判
ナースJJ 口コミ 評判
 看護プロ口コミ 評判
ジョブメドレー口コミ 評判
ナースジョブ口コミ・評判

看護のお仕事

看護のお仕事は、看護師転職サイトの大手で求人数や求人の質、コンサルタントの質もトップクラスの登録必須のサイトです。

看護のお仕事は、求人数、求人の質、コンサルタントの質など全てにおいて業界トップレベルです。

そのため転職活動を成功させるためにはまずは登録しておくべきサイトです。

👇👇面接以外もなんでも相談できる👇👇

👆👆転職サイト大手の安心感👆👆

看護のお仕事は大手なので、通常転職とは別に派遣看護師に特化したサイトもあるんです。派遣での仕事を探している方はこちらをどうぞ!

👇👇高時給派遣でサクッと投資資金を稼ぎましょう👇👇

おすすめの看護師転職サイトをもっと詳しく知りたい方はこちら
最短でセミリタイアするためにはこの看護師転職サイトを使う!

まとめ

まとめます

面接時の注意点

  • 嘘をつかない
  • 給料などの待遇面の不満はNG
  • 人間関係の不満はNG

退職理由は様々ありますが

ネガティブな理由ではなくポジティブな理由で説明することが重要です。

以上です。

看護師転職サイトを利用するデメリットも知りたい方はこちら
【看護師転職サイトのデメリット】転職活動の成功の鍵は担当者!?

-転職ノウハウ