転職ノウハウ

看護師を辞めて後悔する理由10選 実際に看護師を辞めた僕が徹底解説

看護師は辞めたいけど、後悔したくない。後悔しない方法を教えて。実際に辞めた人の話を聞きたいな。

困っている人

本記事ではこんな悩みを解決します。

この記事でわかること

  • 看護師を辞めて後悔する理由
  • 看護師を辞めて後悔しない方法
  • 看護師を辞めて後悔する人の特徴・理由
  • 看護師を辞めて後悔した人の口コミ

結論から書くと、看護師を辞めて後悔せずに幸せになること、楽しく働くことは可能です。

しかし後悔しないためのコツや、後悔しない転職先選びをしないと、看護師を辞めて後悔する可能性があります。

早速、看護師を辞めて後悔する人の理由を見てみます。

後悔する理由

  1. やりがいや専門性を感じない
  2. 看護師の仕事以外ではいちからのスタート
  3. 職場・職種が変わっても悩みが解消されない
  4. 給料が下がった
  5. 人間関係
  6. 医療の質が低いこと
  7. 条件が違ったことや変わったこと
  8. 情報収集が足りなかったこと
  9. 看護師になるための努力を思い出した
  10. 看護師の仕事のやりがいに気づいた

この記事を書いている僕は、実際に看護師を辞めた元看護師です。

看護師を辞めて1年以上経ちますが、全く後悔していませんし、むしろ看護師をしていた時よりも明らかに幸せです。

のんびり温泉大家

@onsenooya

  • 元看護師 リタイア生活中
  • 30代 男性 3人の子持ち
  • 看護師を13年経験し退職

僕自身の体験談も踏まえて解説していきます。

では本文をどうぞ。

看護師がセミリタイアするって何?詳しく知りたい方はこちら
看護師がセミリタイア する方法!リタイア生活中の元看護師が徹底解説

看護師を辞めたくなる時期っていつだか知っていますか?
新人看護師が辞めたい時期は?対処法&辞めたい10の理由も解説

👇👇求人数・コンサルタントの質No.1👇👇

👆👆完全無料!失敗したくなければここ👆👆

看護師を辞めて後悔する理由10選

看護師を辞めて後悔する理由はこのようなことが挙げられます。

詳しくみていきます。

看護師を辞めて後悔する理由1:やりがいや専門性を感じない

看護師の仕事は、患者さんの命を預かるため責任やストレスが非常に大きいです。

看護師を辞めるとその責任感やストレスから、解放されます。

しかしストレスから解放されてゆっくり一息つくと、物足りなさを感じる人もいます。

他の仕事をしてみても、やりがいや専門性を感じることができないと後悔する人も少なからずいます。

それは大変な学生生活を経て看護師国家試験に合格し、看護師として働いていた自分。

つらくて嫌だった仕事ですが、実はやりがいを感じていたことに気づくかもしれません。

責任やストレスがある反面、大きなやりがいや周りからの信頼を得ていたんだんですね。

看護師を辞めて後悔する理由2:看護師の仕事以外ではいちからのスタート

看護師の仕事を辞めて他の職場で働く場合、看護師経験があっても新人扱いです。

年下の上司もいるかもしれません。

看護師で働いてきた経験は白紙となり、また新たな職場でいちからのスタートとなります。

看護師経験が長い人ほど、後悔することが多くなります。

また看護師として他の職場に移動した場合でも、人間関係などをまたいちから構築しなければなりません。

良い面もありますが、悪い面もあることをイメージしておくことが大切です。

理想のキャリアプランがある人は要注意ですね。

看護師を辞めて後悔する理由3:職場・職種が変わっても悩みが解消されない

やっとつらい職場を辞めて、違う職場に転職できて悩みも解決するはず。

そう考えていたのに、新たな職場でも同じ悩みが発生。

こんなことが起こることも、想定しておかなければいけません。

特に多いのが人間関係の悩み。

看護師の職場は、人間関係の問題を抱えているところが多いです。

そのため人間関係がつらくて職場を変えたのに、新たな職場でもまた人間関係でストレスが。

また看護師の職場環境が嫌で、違う職種への転職をしたけど新たな職場もイマイチ。

看護師を辞めたからといって、悩みが解決するとは限らないということです。

気持ちを新たに職場を変えたのに、また同じ悩みが発生したら後悔しますね。

困っている人

看護師を辞めて後悔する理由4:給料が下がった

看護師の給料が低く辞めたのに、逆に給料が下がって後悔することも。

看護師は夜勤をしているので、夜勤手当がつきます。

通常の日勤だけの仕事につくと、当然夜勤手当はつきません。

その分給料が下がってしまうことが多いです。

また看護師は給料が低いと感じていても、他のパートなどに比べれば時給は高いことが多いです。

いざ退職して他の仕事をして、給料の低さに驚く人も多いです。

仕事内容や職場環境が過酷なので、安く感じてしまいますが実は。

女性の場合、全職種の平均年収よりも看護師の給料は100万円以上も高いのです。

看護師を辞めて気づくこともありますよね。

看護師を辞めて後悔する理由5:人間関係

看護師として他の職場に転職した場合、新たな職場で指導者がつきます。

指導者が年下になることも多く、自分も相手も気を使いすぎてギクシャクしてしまうことがあります。

経験年数がある看護師の場合、指導を受けることに抵抗があるかもしれません。

新たな職場での人間関係で、後悔する場合があることもイメージしておきましょう。

歳上を指導する看護師も気を使わなければいけないので、お互い様ですよね。

看護師を辞めて後悔する理由6:医療の質が低いこと

他の職場に転職して、自分の職場がしっかりしていたんだと気がつくこともあります。

病院によって物品の使い方から消毒の方法などが全然違います。

実際僕も転職した人から、「あの病院はこんなこともできていなくてびっくりした。」などと話を聞くことがあります。

あまりに医療の質が低すぎて後悔することもあるので、転職前には絶対に職場見学は行いましょう。

看護師を辞めて後悔する理由7:条件が違ったことや変わったこと

転職した職場の条件が、聞いていたものと違うと後悔する人も多くいます。

  • 残業は少ないと聞いていたが、毎日残業続き。
  • 夜勤はないと聞いていたのに、週に1回で良いから出てくれとお願いされる
  • 完全休日と聞いていたのに、オンコールだった

転職前に労働条件をしっかりと確認していないと、このような後悔につながることがあります。

看護師を辞めて後悔する理由8:情報収集が足りなかったこと

転職活動を始めると、希望に合った良い求人がぽっと出てくることがあります。

しかも良い求人はすぐになくなってしまいます。

だからと言ってよく下調べをせずに応募して転職してしまうと、思わぬ後悔をすることになります。

このような失敗を防ぐためには、自分の希望条件をしっかりと明確にしておくこと。

良い求人が見つかっても、業務内容労働条件はしっかりと確認することが大切です。

このようなことを防ぐために看護師転職サイトを利用することも大事ですね。

看護師を辞めて後悔する理由9:看護師になるための努力を思い出した

看護師になるには、専門学校でも3年、大学だと4年間通う必要があります。

しかも学生生活は楽しい学園生活とは程遠く、つらいつらい実習をクリアしなければいけません。

学生生活をクリアした後は、看護師国家試験があり試験をクリアして初めて看護師になることができます。

辞めた後に、つらい学生生活や試験勉強を思い出し後悔することもあります。

確かに看護師になってからもつらいけど、学生時代も大変ですからね。

看護師を辞めて後悔する理由10:看護師の仕事のやりがいに気づいた

後悔する理由1に近いのですが、看護師の仕事を離れてからやりがいに気がつくこともあります。

  • できなかったことができるようになった時
  • 患者さんに感謝の言葉をかけてもらった時
  • 患者さんと信頼関係が築けた時

さまざまな場面でやりがいを感じていたでしょう。

看護師を辞めて気がついて後悔する人も多いです。

後悔しても大丈夫。看護師は免許があればまたすぐに働けます。

看護師を辞めて後悔しないためのポイント9選

看護師辞めても後悔したくないよ。後悔しないためのポイントはないの?

困っている人

次は後悔しないためのポイントを確認していきます。

詳しく見ていきます。

看護師を辞めて後悔しないポイント1:しっかりと有給を取得する

看護師をしていると有給なんて取得できないと思っていませんか?

実際はそんなことは全くなく、全て有給は消化できます。

有給が40日近く残っているなら約2ヶ月くらいも、給料をもらいながら休むことができます。

ゆっくり休むよし、思いっきり家族で過ごすもよし、旅行に行くのも良いでしょう。

僕自身も退職前は有給を取得して、しっかり休ませていただきました。

あなたが有給を取得することで、今後辞める人たちも有給を取得できる道が開けます。

諦めないで行動すれば確実に取得できます。自分が犠牲になる必要はないですよ。

有給を取得したいなら読む記事
【看護師体験談】有給を消化して退職する具体的方法〜有給拒否は違法〜

看護師を辞めて後悔しないポイント2:辞めたい理由は明確にする

看護師を辞める際には、なぜ看護師を辞めるのかを明確にしましょう。

明確な理由がなくなんとなく辞めてしまう人は、その後も同じことを繰り返してしまうことが多いです。

看護師を辞めるということは大きな決断です。

簡単に決めるのではなく、じっくりと考えて辞めるようにしましょう。

看護師を辞めて後悔しないポイント3:辞めた後のキャリアプランを具体的に立てる

看護師を辞めて後悔しないためのポイントとして、辞めた後のことを考えておくことも大切です。

  • 他の病院で看護師をするのか?
  • 他の職業につくのか?
  • セミリタイアを目指すのか?

自分が今後どのようにしたいのか?は明確にしておきましょう。

リタイアして何をするかわからなくて、また働きはじめる人と一緒ですね。

看護師を辞めて後悔しないポイント4:仕事で重視する点を考え直す

あなたが仕事で重視するポイントはなんですか?

結婚や出産など、家族背景やその時の状況によっても変わるでしょう。

  • 給料
  • 人間関係
  • 有給取得率

自分が重視することが明確になっているなら、看護師を辞めて後悔することはないはずです。

ここが定まっていないと、転職後にまた辞めたくなってしまうかも。

看護師を辞めて後悔しないポイント5:自分の職場以外の情報収集をする

働いているとダメなことばかり目について、最低な職場だと感じるかもしれません。

しかし他の職場を見たらもっと酷い職場ばかりかもしれません。

実は自分の職場は、看護師の職場としては高待遇な職場だった。

こんなことにならないように今の職場を辞めてしまう前に、他の職場の情報収集はしっかりと行うべきです。

看護師を辞めて後悔しないポイント6:職場見学に行き自分の目で現地を見る

看護師の仕事を辞めて、転職する場合は必ず次の職場見学は行いましょう。

話で聞いた情報と実際に自分の目で見た情報は違うかもしれません。

看護師をしていた人なら、人間関係の悪い職場の雰囲気を感じ取ることがうまいはずです。

職場の外見だけでなく、職場で働く人などの雰囲気も実際に確認しましょう。

看護師を続ける場合は転職サイトを使うと、職場見学の日程調整や付き添いを担当者がしてくれるので便利です。

看護師を辞めて後悔しないポイント7:病院見学では病院の職員に話を聞いてみる

看護師として転職する場合、職場見学の際に見学先のスタッフにも話を聞いてみましょう。

流石に悪い点をどんどん教えてくれることはないと思いますが、さまざまな情報を得ることはできると思います。

  • 何時頃出勤しているか?
  • 今日の受け持ちは何人か?
  • 何時頃帰ることが多いか?

など返答の内容から職場の状況が確認できるような質問を心がけましょう。

看護師を辞めて後悔しないポイント8:給料や労働条件についても確認する

転職してから後悔しないためにも、給料や労働条件について転職前に確認しておくことは重要です。

給料面

  • 各種手当がついての金額なのか?
  • 残業代はつくのか?
  • 前残業代は出るのか?

この辺りは最低限確認しましょう。

  • 有給取得はできるか?
  • 育児休暇は取得できるか?
  • 他のスタッフの有給や育休の取得状況はどうなのか?
  • 夜勤免状は可能か?
  • 時短勤務は可能か?

この辺りを確認するようにしましょう。

看護師転職サイトでは担当者が全てあなたの代わりに確認してくれます。

看護師を辞めて後悔しないポイント9:転職のための事前準備を怠らない

色々とポイントを書きましたが、転職する際には事前準備を怠らないことが1番重要です。

転職はポンっと思いつきで行うような簡単なものではありません。

もしかしたら人生の大きなターニングポイントになるかもしれないのです。

そのような大事な転職活動なので、事前準備はしっかりと行う必要があります。

今の職場を退職しても看護師として働く場合、看護師転職サイトの利用をおすすめします。

  • 求人探し
  • 書類添削
  • 面接練習
  • 職場見学などの日程調整
  • 給料面などの待遇交渉

このような面倒なことは全て転職サイト側で行ってくれます。

看護師転職の流れについて詳しく書いた記事はこちら
看護師転職の流れを看護師の僕が6つのステップで徹底解説

サクッと1番良い看護師転職サイトを知りたい方はこちら
最短でセミリタイアするためにはこの看護師転職サイトを使う!

👇👇求人数・コンサルタントの質No.1👇👇

👆👆完全無料!失敗したくなければここ👆👆

看護師を辞めたい理由6選

あなたが看護師を辞めたいと思う理由はなんですか?

看護師はつらい、大変なことが多すぎて辞めたくなる理由がたくさんありますよね。

ざっと思いつくだけでもこんなにあります。

辞めたい理由

  1. 収入
  2. 休暇がとりにくい
  3. 人間関係
  4. 仕事の内容
  5. 身体的な辛さ
  6. 残業の多さ

詳しく見ていきます。

看護師を辞めたいと思うのは甘えなの?
看護師を辞めたいのは「甘え」なのか?「甘え」という人の特徴と対処法

看護師を辞めたい理由1:給料が少ない

看護師の平均年収は492万円です。
令和2年賃金労働基本統計調査より

看護師は高級取りというイメージがありませんか?

実際は毎月20万円以下の給料しかもらっていない看護師がたくさんいます。

夜勤ありきの不規則勤務でこの給料ですからね。正直、安すぎですよ。

困っている人

看護師を辞めたい理由2:休暇がとりにくい

看護師の仕事は本当に休みが取りづらいです。

  • 有給は自分の希望で取得できない
  • 師長が有給を勝手につける
  • 長期休暇が取れない
  • お盆もお正月も休めない

子供の行事なども、なかなか参加することができません。

自分が休むことで他のスタッフに迷惑がかかるので、休みづらい雰囲気ができています。

スタッフを人質に取られているようなイメージですね。

看護師を辞めたい理由3:人間関係

看護師業界は意地悪なお局がたくさんいると、Twitter上でもよく話題に上がっています。

  • 意地悪なお局にモヤモヤ
  • 口だけで働かないスタッフにモヤモヤ
  • ブラックな職場環境を改善しない上司にモヤモヤ

さまざまな場面でモヤモヤすることがたくさんあります。

こんな人間関係が嫌で退職する人は多いです。

人間関係で退職する人は非常に多いです。

看護師を辞めたい理由4:仕事の内容

看護師の仕事は、集中力のいる細かい作業から体力仕事まで大変な仕事が多いです。

内服や点滴だけでなく、清潔ケアや処置もたくさんあります。

中には患者さんから買い物を頼まれたり、スマホの使い方を聞かれたり、さまざまな雑務も頼まれます。

これ本当は看護師の仕事なの?ということもたくさんあります。

看護師だからって、なんでもやってもらえると思わないで欲しいわ。

上司

看護師を辞めたい理由5:身体的な辛さ

身体的な辛さも退職理由には多いです。

夜勤が大変なのは想像できると思います。

しかし車椅子への移乗や、起き上がりへの介助、ストレッチャーへの移乗の介助など肉体労働が多いです。

夜勤中なんて12時間移乗立ちっぱなしなんてザラです。

夜勤明けには足がパンパンになります。20代は問題なかったんですけどね。

看護師を辞めたい理由6:残業の多さ

看護師の仕事は残業が非常に多いです。

勤務前にも内服準備、点滴準備、情報収集などやらなければいけないことがたくさんあります。

そのため勤務開始1時間前には職場に行き、勤務開始することも少なくありません。

もちろん残業代は出ません。

サービス残業も多く業界全体でも問題になっています。

しかし僕自身10年以上働きましたが、何も改善はされていません。

せめて働いた分は残業代を出してほしいですよね。

👇👇求人数・コンサルタントの質No.1👇👇

👆👆完全無料!失敗したくなければここ👆👆

看護師を辞めて後悔した人の口コミ

ここからは実際に看護師を辞めて後悔している人の口コミを集めました。

後悔している人には申し訳ないですが、自分が後悔しないように参考にさせてもらいましょう。

まずは看護師を辞めて後悔していない人の口コミです。すっきりしている人が多いですね。

のんびり温泉大家

次は看護師を辞めて後悔した人の口コミです。

収入がぱったりなくなると不安ですよね。

有給は消化しなきゃダメですよ。それが看護師全体のためにもなるんです!

いろいろな思いを抱えている人がいます。

辞めた後のことを考えることは大切ですね。

辞めたくて辞めるわけではない。こんな看護師を少しでも減らしたいですよね。

役職について行く同期をmていると、後悔することもあるのかもしれませんね。

看護師を辞めて後悔しない転職先を見つける

看護師を辞めた後に働く職場を紹介します。

今の看護師を辞めたい理由と、辞めて後悔しないためのコツを踏まえながら、自分に合う転職先を見つけてみてくださいね。

看護師免許を持っていると、多くの職場で働くことができます。

ざっと挙げただけでもこんなに働く場所があります。

のんびり働ける職場についてもっと詳しく知りたい方はこちら
のんびりゆるく働きたい看護師におすすめな職場&診療科18選

辞めたい理由

  • サービス残業がない
  • 有給が取得しやすい
  • 人間関係が良い
  • 仕事が忙しすぎる
  • 夜勤がつらい

このような理由で看護師を辞めたいと思っている人は、のんびり働ける職場を検討してみましょう。

次は珍しい看護師の職場を紹介します。

えっ!?こんなところでも看護師が働いているんだね。

困っている人

珍しい職場がおすすめな人

  • 看護師の仕事にやりがいを感じられない人
  • 面倒な人間関係に悩みたくない人
  • 委員会活動など時間外の業務をやりたくない人

看護師の珍しい職場は、単発や派遣の仕事が多いのが特徴です。

単発や派遣の場合、職場に深く入り込まないので、面倒な人間関係や委員会活動などを頼まれる可能性は低いです。

また求人が少なく働けている人も限られているので、今の職場でやりがいが感じられない方にもおすすめです。

看護師の珍しい仕事に少しでも興味が湧いた方はこちらの記事をどうぞ
看護師の珍しい仕事20選 少ない求人を見つけ方も紹介するよ

のんびり温泉大家は看護師を辞めて後悔してる?

少しだけ僕の話をさせてもらいますね。

僕は看護師時代から副業を始めて看護師を辞めました。

現在はリタイア生活を送っています。

結論から言うと、僕は看護師を辞めて全く後悔していません。

なぜなら今の生活に非常に満足しているからです。

僕は自分の生活で、仕事よりも家族との時間が大切にしたくて看護師を辞めました。

僕の場合、副業からの収入もあったので収入の心配がなく生活できています。

今は子供が小さいので毎日一緒に遊んでいますが、大きくなって一緒に遊ぶ機会が減ったらまた看護師の仕事をするかもしれません。

看護師の仕事はしないで他に自分の好きなことをするかもしれません。

将来のことはわかりませんが、看護師は免許があればいつでも働くことができます。

これは看護師の非常に大きな強みです。

せっかく看護師免許を持っているなら、その強みを活かすのも良いと思いますよ。

看護師を辞めて後悔する看護師と幸せになる看護師の特徴

看護師を辞めて後悔する看護師の特徴をまとめました。

ここに当てはまりそうな辞め方をしようとしている人は、看護師を辞めることを再検討する必要があります。

看護師を辞めて後悔する人

  • 何も考えずに看護師を辞めた人
  • 看護師以外の収入がなく辞めた人
  • 仕事が忙しくて看護師を辞めた人
  • 給料が下がった人
  • 人間関係がつらくて辞めた人

次は看護師を辞めて幸せになれる看護師の特徴を見ていきます。

看護師を辞めて幸せになる人

  • 看護師以外の収入源がある人
  • 結婚や出産・育児などで看護師を辞めた人
  • 看護師以外に本当にやりたいことがある人
  • のんびりした職場で働こうと決めた人
  • 看護師の仕事にやりがいを感じない人
  • 看護師が向いていないと感じている人

看護師を辞めて後悔・幸せになる看護師の特徴を詳しく見たい方はこちら
看護師を辞めたら幸せなの?幸せになれる人・後悔する人の特徴11選

看護師を辞めて後悔せずに幸せになる方法

ここでは実際に看護師を辞めてリタイア生活中の僕が、看護師を辞めて幸せになる方法を教えます。

セミリタイアやリタイア生活に興味がある方は必見ですよ。

看護師を辞めて幸せになる方法

  • 今の職場は辞めて、職場環境の良い病院を探す方法
    良い職場環境への転職
  • 月に10~20万円程度の副業収入を作って、自分の好きなペースで働く方法
    安定的な副業収入の取得 & 高収入な派遣看護師
  • 今の給料以上の副業収入を作って、看護師辞退を辞めてしまう方法
    安定的で高収入な副業

方法を間違えると逆に不幸になってしまう可能性があるので注意が必要です。

看護師を辞めて違う仕事に転職すると失敗しないの?
看護師を辞めて違う仕事に転職!絶対に失敗しないコツ7選 元看護師が解説

【看護師を辞めて後悔する理由】まとめ

まとめます

後悔する理由

  • やりがいや専門性が感じない
  • 看護師の仕事以外ではいちからのスタート
  • 職場・職種が変わっても悩みが解消されない
  • 給料が下がった
  • 人間関係
  • 医療の質が低いこと
  • 条件が違ったことや変わったこと
  • 情報収集が足りなかったこと
  • 看護師になるための努力を思い出した
  • 看護師の仕事のやりがいに気づいた

看護師の仕事を辞めて後悔しないためには、なぜ自分が看護師を辞めたいのかをしっかり考えることが重要です。

今の職場を辞めて看護師転職するなら絶対に看護師転職サイトの利用がおすすめです。

看護師転職サイト選びで失敗したくないならここを使いましょう
最短でセミリタイアするためにはこの看護師転職サイトを使う!

以上です。

自分が本当に看護師を辞めたいのか自己分析してみませんか?
看護師の転職準備は自己分析が大事!方法や注意点を元看護師が解説

-転職ノウハウ